審査基準は比較的緩め

カードローンの申し込みをすると、最初に審査が行われます。これは銀行で借りた場合でも消費者金融で借りた場合でも同じで、審査を行わずに気前よく貸してくれるような金融機関は、闇金しかありません。

審査を受けて、それに通らなければ借りることはできないのですが、審査基準は金融機関によって異なるため、同じ人が複数の金融機関に申し込んだ時にはA社の審査には通ったけれどB社はダメだった、ということが起こりえます。一般的な目安としては、低金利で借りられるカードローンは審査が厳しい所が多いですし、審査が緩い所は金利は高めの所が多いですね。

審査にはスコアリング方式が採用

カードローンの審査には、多くの金融機関でスコアリング方式が採用されています。これは審査項目の全てをスコア式で加点し、最終的なスコアによって審査結果が導き出されるという方法ですが、スコアリング方式を採用するにはいくつかの理由があります。

まず1つ目には、カードローンは申し込みから融資実行までの時間が短いため、担当者が一つ一つの申込書をじっくり時間をかけて審査しにくいという点、そして2つ目にはスコアリング方式はコンピュータが加点審査を行うため、個人の事情や主観をいれずに公平な審査ができるという点があります。ちなみに審査に使われる項目は、カードローンの申込書に記入した内容すべて、と考えると良いでしょう。

名前や住所などは関係ありませんが、勤務先や年収、勤続年数、居住形態、家族構成などはスコアリング審査に利用される項目となります。