利息制限法よりは高くない

カードローンの金利は、住宅ローンや自動車ローンなどのように目的が限定されている借入商品よりも高めに設定されていることが多いですね。これは、使用用途がフレキシブルなためで、彼女とのデートや給料日までの生活費などどんな目的でも使うことができるというメリットがある反面、高めの金利はカードローンのデメリットの一つにもなっています。

しかし、金利が高いと言っても金利は利息制限法によって上限が決められているため、それよりも高くなることはありません。その点は安心できますね。ちなみに、利息制限法で定められている上限金利は、借入金額が10万円未満の場合には年率20%以下、100万円未満の場合には年率18%以下、それ以上の借入金額は年率15%以下となっています。

一桁の金利でカードローンを利用することは可能?

カードローンは銀行や消費者金融などたくさんの金融機関からラインナップされている金融商品ですが、どの商品も金利は比較的高めに設定されているものが多いという特徴があります。何回も利用したい人や、まとまった金額を借りたい人にとっては、できるだけ低めの金利で借りたいところですが、一桁の金利で借りることができる商品も探せば見つけることは可能です。

ただし、借入金額が一定金額以上でなければいけないという条件が付いていることが多いため、一桁の金利で利用できる商品がたくさんあるというわけではありません。それでも、10%~15%の間の金利で借りられる商品なら、とてもお得な低金利と言えるのではないでしょうか。