カードローンの審査でよく見かけるのが在籍確認です。在籍確認とは、消費者金融への申し込み書類に記載した勤務先に本当に在籍しているかどうかの確認のための電話です。しかし職場に消費者金融からの連絡が来るのは不安だと感じる人も多いでしょう。在籍確認の電話は本当に行われているのでしょうか、またどんな電話がかけられるのでしょうか。

在籍確認の方法

在籍確認は、主に電話で行われています。消費者金融からの電話が掛かってくるのかと思うと不安に感じるかもしれませんが、基本的に在籍確認は消費者金融の名義ではなく個人名での電話となるでしょう。電話に関しても、○○さんは出勤されていますか、などの確認の電話がほとんどです。ここできちんと本人が電話に出ることが出来れば問題はないでしょう。

また、自分自身が出ても大丈夫です。自身に直通の電話や内線番号がある場合は、自分自身がそのまま電話に出れば、社内の人に知られることなく在籍確認を行うことが出来ます。そのため、消費者金融の審査のときに、在籍確認はこの日のこの時間帯で、とお願いをすれば、その日に在籍確認を行ってくれるはずです。この場合は在籍確認に時間を要するので審査に遅れが生じる可能性がありますが、自分自身で在籍確認の電話を受け取れるというメリットがあります。

カードローン審査の在籍確認は必須なのか

在籍確認は必ず行われるという訳ではありません。借り入れ金額やその他の提出書類によっては在籍確認を行うことなく審査を行うことも出来るでしょう。そのため、在籍確認が不安だという人も安心してください。 そして、もし在籍確認が嫌だと感じる場合は事前に相談をしてみると良いでしょう。その場合は、給与明細など収入証明書を複数提出することになるかもしれませんが、書類で確実に在籍が確認できれば、在籍確認の電話をすることもなく審査を行うことが出来ます。

基本的に、在籍確認は必ず行われるという訳ではありません。そして書類などで在籍を確認することができれば電話での連絡も行われないでしょう。 しかし在籍確認の電話は怖がるものでもありません。消費者金融からの電話だとわからないように連絡をしてくれます。そして消費者金融側も、在籍確認を嫌がっていると本当は勤めていないのでは、と不信感を抱く可能性があります。会社側には消費者金融の審査だとばれないように在籍確認を行ってくれるので、特に気にせずに在籍確認の電話を待つことをおすすめします。